2014年03月

再度公開しました。
端末は、Nexus2013,Nexus2012, Tegra Note, ソニーウォークマンZで動作確認できております。

Google Playのアドレスもこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=processing.test.kumagames&hl=ja

インストールができないという報告があったので
調べたところapkの署名に失敗していたようです。

JDK6に変更したら何事もなく署名できました。

ゲームのプログラムよりも、
アプリの公開が一番の難敵でした。

趣味でアンドロイド用のアプリを制作しています。
今年の1月から制作を始めて
形になってきたので、紹介したいと思います。

Screenshot_2014-03-13-21-57-22
ステージ選択画面

Screenshot_2014-03-13-21-57-48
タブレット上でステージを編集


Screenshot_2014-03-13-21-58-18
こちらが実行画面

開発環境は、以下の3つで悩みました。
FLASHかUnityかProcessingか・・・。

それぞれ試してみて、絵が得意な人はFLASH、
プログラムを作る過程が好きならProcessing、
本格的なものを目指すならUnittyかなと。

個人での開発効率を考えて、今回はprocessingを選択しました。
エラーメッセージ等、日本語に対応していないのがネックですが、
プログラムの記述が必要最小限で済みます。

↑このページのトップヘ